LEDとは?

LEDという言葉を、皆さんも耳にしたことがありますよね?

LEDの正式名称はご存知でしょうか?
Light Emitting Diode(ライト・エミッティング・ダイオード)と言うのです。
日本語では、「発光ダイオード」と訳されています。
読み方はご存知ですよね?念の為ですが、一般的には「エル・イー・ディー」と読みます。

LEDの基本的な原理は、20世紀初頭には発見されていました。

光の三原色(赤・青・緑)のうち、青だけなぜか開発が遅れていたものの、日本の技術者によって実用化につながりました。

三原色が揃ったことで、白色LEDというものが登場しました。これにより、用途が限られていたLEDは一般照明としても開発が進む事になったと言われています。

近年、低価格化や商品化が進み、数々の優れた特性を生かし、LEDは次世代の照明の主役になりつつあります。

このサイトでは、LEDを使用した看板のメリットやデメリットをご紹介していきます。

LEDを使用する、メリット・デメリットは?

LEDを使用するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
長寿命で消費電力が低いなどは、一般的に知られていますよね?

メリット

  • 長寿命で低消費電力。白熱電球に比べると、消費電力がかかりません。エコで電気代のお得、地球にやさしいのです。
  • 衝撃に強い。ガラスなどが使用されていないから、振動や衝撃にとても強く、輸送中などの振動が激しくても問題ないです。
  • 寒さに負けない。LED照明は低温でも効率は変わらず、すぐに明るくなります。

デメリット

  • 高い。LED電球は、他の電球に比べて価格が高いです。
  • 重い。LED電球は、電源回路が中に入っているため、同じサイズの伯ネル電球や傾向ランプと比べるとかなりの重量があります。

LED看板とは?

つぎに、LED看板とは何か、簡単にご説明させていただきます。

店頭看板などにおいても従来の蛍光灯に代わり、LED製品の普及が急速に進んでいます。大きな理由は、看板のサイズの大小化や軽量化とともに故障が少なく、電気代のコストをおさえるのに優れているからです。

東京都内を例にあげると、夜になると飲食店などの照明がきらびやかに光っていますよね?

これにかかる電気代。想像した事はありますか?365日夜から電気をたくさん使っていると相当な金額になりそうですよね。

LED電球に変更すると、どれだけのコスト削減ができるのか。でも、きっとメリットだけではなく、デメリットもたくさんあります。

このサイトは、そんな疑問を解消するために作ってみました。

LED光の特性は?

蛍光灯や白熱灯など、他の光源とは異なります。不要な紫外線や赤外線を含まない光になります。このため、紫外線に敏感な「文化財」や「芸術作品」の照明に適しています。

では、その他どんな特徴があるのか、例を上げて説明していきます。

低消費電力

供給される電力の多くが発光に使われています。つまり、発光効率が高い為、従来の白熱照明と同じ明るさを作るために必要な電力が少なくすみます。ようは、熱となって失われる電力が少なく済みます。

長寿命

一度LEDを設置してしまえば、管球交換のような頻繁に電球を交換する手間を省く事ができます。LED照明の寿命をなくなるまで、管球の購入コストを削減することができます。

仕組みは?

発光ダイオード=LEDはpn接合と呼ばれる半導体から形成されています。そこに電流を流すと、p型半導体というものから正の電荷をもった正孔が出ます。n型半導体から負の電荷を持った電子が互いに向けて動きだします。

p型(正孔)とn型(電子)が出会う所で正負の電荷が打消しあって、その時に余ったエネルギーを光エネルギーに変換して発光します。

LEDの特徴を生かした製品が数多くあります。家庭の照明器具はもちろん、自動車の照明や交通機関などでも幅広く使われています。私たちの生活に身近な所から既にLEDを使用している所はここ近年ですごく増えてきました。